メンバー

トリナスには、専門性の異なるユニークなメンバーが世代を越えて集まっています。

土肥 潤也

代表理事

1995年、静岡県焼津市生まれ。早稲田大学社会科学研究科修士課程 都市・コミュニティデザイン論修了、修士(社会科学)。2013年から若者の社会・政治参加に関する活動に参加し、2015年に、NPO法人わかもののまちを設立(現在は代表理事)。静岡県内を中心に、わかもの会議やユースセンターの発足・運営に携わり、これまでの経験をもとに、全国各地で子ども・若者の地域参加、政治参加に関わる研修や実践支援に取り組む。2019年からは、コミュニティラボCo-℃(コード)を立ち上げ、コミュニティファシリテーターとして起業。内閣府「子供・若者育成支援推進のための有識者会議」構成員。

三浦 愛

副代表理事

1987年生まれ。埼玉県出身。日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科。同大学大学院で遺伝子学、養殖学で博士課程を卒業。卒業後、株式会社イシグロに就職。中吉田店に3年間勤務。その後、魚料理を学ぶためにイタリアへ1年間留学する。帰国後、「釣りを活かせる仕事がしたい」と焼津市地域おこし協力隊として観光交流課に委嘱され、交流人口拡大を目指した活動を行う。SNS総フォロワー数4万人への焼津の魅力発信を行い、主催したイベントでは年間500名以上の参加者を集めた。
資格 : 小型船舶免許一級(特定免許有)、遊漁船業務主任者、海上無線、潜水士、調理師免許、旅行サービス手配業務取扱管理者

吉田 恵美子

理事

1957年、長崎県諫早市生まれ。特別支援学校を中心に勤務後、58歳で退職しデンマークEgmontホイスコーレンに1年間留学。その縁で、デンマークと日本の障害のある人とない人が共に楽しむ「デンマークキャンプ2017イン焼津」を仲間たちと開催する。その後Egmontの修学旅行や上映会を焼津で受け入れるなどまちづくり団体Hygge(デンマーク語で「人と人が出会ってつくる幸せな時間」)代表として活動中。スープ屋Hygge店主。特別支援学校卒業生によるアートクラブwaCスタッフ。焼津市知的障害者相談員。

大原 みちの

事務局

誰もが納得して生きていける地域を自分たちの手でつくれたら…という想いでまちづくり活動に取り組んでいます。里山の環境問題への取組みと対話の場づくりが原点。東日本大震災をきっかけに設立した、しなやかに立ち直る地域づくりに取り組む「静岡2.0」代表。

西村 良江

事務局

市民活動交流センターくるさ~開所時からスタッフ。焼津市内の様々な団体と関わり、「お節介母さん」のごとく皆さんの活動を応援しています。私の市民活動の原点は「子ども」「環境」に関心を持って動いたこと。皆さんの「はじめの一歩」を応援します。

古川 美之

タイトルとURLをコピーしました